医療法人社団 みよし歯科医院

宝塚にある歯医者みよし歯科医院は小児・矯正・審美・予防・義歯・入れ歯に対応しています。

HOME»  矯正歯科

矯正歯科

当院での矯正治療の特徴

当院での矯正治療の特徴

 

歯並びが悪いと…

歯並びは、口の中の健康だけでなく、心と体の健康に大きく関与しています。歯並びが悪いとさまざまな支障をきたします。

 

歯並びが悪いと…

 

審美性

歯並びでお顔の印象は大きく変わります。
整った美しい歯並びは美しい笑顔をつくり、相手に好印象を与える重要なポイントであると言えます。

 

咀嚼(そしゃく)機能

歯の最も大切な役目はものを食べる機能です。
前歯で食べ物を噛み切り、奥歯で噛み切られた食べ物をすりつぶして、食道を通じて飲み込みます。
咀嚼機能の低下は胃腸障害の原因にもなります。
また噛む刺激が脳に伝達し、体の成長にも大きく影響してきます。

 

発音

歯並びや歯の喪失は発音に大きな影響を与えます。
歯並びが悪い方や歯の喪失本数が多い方の発音は、とても聞き取りづらく、コミュニケーションにも悪い影響を与え、精神的にも大きなストレスがかかります。口の周りの筋肉にも影響してきます。

 

虫歯や歯周病のリスク

虫歯も歯周病も細菌感染症です。
歯並びが悪いと、食事の後の汚れを取りづらく、細菌の巣であるプラークや歯石が残りやすく、虫歯や歯周病になりやすいといえます。

 

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症は耳の前あたりにある下顎の関節のことで、口を開けたり閉じたりしたときに動いている部分です。
「あごの関節が痛い」、「あごを動かすと音がする」、「口が開かない、または開きづらい」といった症状が特徴です。
最近、特に若い女性の方に増えています。顎関節症の方の中には下顎が横にズレていて、顔がゆがんでいるケースも多く見られます。
また、頭痛、肩こり、腰痛など全身症状を併発している方も稀ではありません。

 

矯正歯科のメリット

ものをしっかりと食べられます

歯並びでお顔の印象は大きく変わります。
整った美しい歯並びは美しい笑顔をつくり、相手に好印象を与える重要なポイントであると言えます。

 

矯正歯科のメリット

 

虫歯・歯周病にかかりにくくなります

歯並びが不揃いだと、歯磨きをしても磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
歯並びを整えれば隅々まで歯磨きができ、虫歯・歯周病に強くなります。

 

思いっきり笑うのに気後れしません

歯並びが気になるから、と思わず笑うのをためらっていませんか?
整った歯並びで自然に笑えられれば、笑顔もいっそう輝きます。

 

顎や輪郭を整えます

噛み合わせが悪いと、片方の歯だけで物を噛んでしまいます。
そうすることで、顎のバランスはさらに悪くなってしまいます。

 

肩こりや頭痛を改善します

歯並びが悪いと、全身の骨格のバランスが狂い、姿勢が悪くなります。
また、筋肉を圧迫したり負担をかけたりするので、肩こりや頭痛などの原因になります。

 

矯正の流れ

1.カウンセリング

歯並びの状態、お悩みなどをうかがいます。
矯正治療の方法・期間・費用などについてご説明します。

 

2.検査・診断

歯・顎のレントゲン撮影、歯型の採取を行います。
検査結果から、再度治療方法などについてご説明します

 

3.治療開始

矯正装置を装着して、治療を開始します。

 

4.通院

治療期間は、個人差がありますが2~3年です。
その間1ヶ月に一度通院して頂き、矯正の進み具合の確認・装置の調整などを行います。

 

5.保定期間

矯正装置を外して、歯並びが元に戻るのを防ぐ装置(リテーナー)による治療を開始します。

 

6.治療終了

不正咬合の種類

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合と言います。

 

叢生

歯並びがでこぼこしている状態のことです。
「乱ぐい歯」「八重歯」とも言われています。

 

上顎前突

上顎の前歯が、通常よりも前に出すぎている状態のことです。
いわゆる「出っ歯」のことです。

 

下顎前突(反対咬合)

下顎の歯が、上顎の歯よりも前に出ている状態のことです。
いわゆる「受け口」のことです。

 

過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態のことです。

 

空隙歯列弓

歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
いわゆる「すきっ歯」のことです。

 

開咬

歯を噛み合わせた時、前歯が噛みあわずに隙間ができる状態のことです。

 

子供の矯正治療

歯並びが悪いと

  • 歯磨きで磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • 噛み合わせが整っていないため、食べ物が噛みにくくなる。
  • 悪い顎のバランスが全身の骨格を歪め、姿勢が悪くなったり肩こりなどの原因となる。
  • 悪い歯並びがコンプレックスとなる。
 

歯並びが悪いと

 

小児矯正のメリット(こどもの頃から歯並びを整えるメリット)

  • 永久歯が正しい位置に生えるように誘導する。
  • 顎の成長を促すことで、抜歯の可能性を減らすことができる。
  • 虫歯になりにくくなる。
  • コンプレックスの解消。

 

矯正治療を始める時期

  • 矯正治療を始める時期には個人差がありますが、永久歯が生えそろう前に行うのが最適です。
  • こどもの矯正治療には「第一期治療」と「第二期治療」に分かれる。
    第一期:永久歯に生え変わるまでの治療、骨格のバランスを整えたり顎の成長を促すなどして、永久歯が正しく生える土台を作る。
    第二期:永久歯が生えそろってからブラケット(矯正装置)を歯に取り付けて、歯を動かします。

 

矯正治療中の注意事項

  • 歯や矯正装置にくっつく食べ物は、なるべく食べないようにしましょう。
  • 激しくぶつかるスポーツは口の中を切ることがあるので注意しましょう。
  • 矯正装置があるため歯磨きしにくくなりますが、時間をかけて丁寧に磨くようにしましょう。

 

先天的な咬合異常

先天的な咬合異常とは?

「先天的」とは、生まれた時から、という意味です。
つまり生まれつき歯並びに異常があることを指します。

 

咬合異常の種類

◆唇裂・口蓋裂
唇の上に割れ目がある状態です。
軽く割れ目がある状態や、鼻にまで達し、口と鼻が繋がっている状態まで差があります。
鼻まで繋がっている状態を「口蓋裂」と言います。
日本人の場合、約500人に1人の割合で生まれると言われています。
治療は手術により行いますが、早すぎても治療ができません。一度ご相談下さい。

◆顎変形症
上下の顎のバランスが悪いため、正しい噛み合わせができない症状です。